1. HOME
  2. 脂肪吸引のダウンタイム

部位別でみた脂肪吸引のダウンタイムと注意点について

脂肪吸引の手術をする際に、ダウンタイムについて気になるといった方は多いのではないでしょうか。傷みはどれくらい続くのか、仕事は何日休みをとれば良いのかなど手術後はどういった状況になるのかなど心配になります。脂肪吸引の手術を行う部位によって、手術をした後の経過やダウンタイムは異なってきます。そこで今回は、部位ごとの脂肪吸引によるダウンタイムやそれを軽減するための方法や注意点についてご紹介させていただきます。

部位ごとのダウンタイムについて

顔の脂肪吸引は吸引する範囲が少ないため、痛みも少なく済みます。しかし腫れたり内出血を起こした時など、どうしても目立ちやすくなっています。人によって様々であり、ほとんど腫れないで内出血も化粧で隠せるほどの人もいれば、1週間ほど腫れや内出血が続く人もいます。手術後の1~2日は圧迫固定をする事により痛みや内出血を軽減すると言われています。しかしただ単に締め付けるだけではありません。圧迫固定をする場合は、血流が滞らないように患部周辺も含めて全体的に圧迫する事が重要になります。

二の腕

二の腕の脂肪吸引は、顔よりも痛みが出ます。しかしクリニックによって処方された薬で、痛みを軽減する事が出来ます。腫れや内出血は必ず出ますが、二の腕であるため長袖を着る事によって圧迫しているのを隠す事が出来ます。ダウンタイムは2~3日、長くて1週間ほどとなっています。また脂肪吸引をした後にマッサージやストレッチや圧迫下着を着けるなどを行う方が全体になじみやすく、ダウンタイムも短くなるでしょう。脂肪吸引をして細くはなったけど、見た目がきれいじゃないといった事があります、脂肪を吸引する際には、吸引のしすぎや雑な手術手操作をしないよう注意が必要です。

お腹

お腹の脂肪吸引は、範囲が広いため手術後に痛みや腫れを感じる事が多いです。手術後の2~3日は強い痛みを感じるが、その後は次第によくなっていき2週間で気にならないくらいになります。脂肪吸引後は1か月間、24時間圧迫下着を使用する事でダウンタイムが短くなります。しかしお腹の脂肪吸引をする事によって、低い確率でお腹に凸凹が出来たり、お腹の皮膚がたるんだり、細くなっていなかったり、傷跡がきたなかったりする事があります。こういったリスクもある事を事前に知っておく事が必要となります。

太もも

全体的に太ももの脂肪吸引を行う場合、範囲は広くなるため強い痛みを感じる事があります。ダウンタイムは短くて3~4日、長くて1週間かかる事があります。手術後は3か月~6か月に渡りタイツなどで圧迫を行い、マッサージやストレッチを行う事で回復を早める事が出来ます。脂肪吸引を行った後は、食べ過ぎないように気をつける事が大切です。細くなって安心して、食事量を増やしてしまうと他の部位に脂肪がついてしまう事となりますので、注意が必要です。

ふくらはぎ

ふくらはぎの脂肪吸引を行った後は、むくみで辛い思いをする方が多いです。ダウンタイムは2~3日ですが、むくみが思っている以上に出るのでゆったりめの靴を履く方がいいです。手術後はしっかりと圧迫しておく事で、腫れやむくみを軽減したり、痛みを和らげてくれます。手術後の1週間は出来る限り長い間、圧迫するようにしましょう。また筋肉が固くなっている場所は、マッサージやストレッチを行うと、ダウンタイムも短く効果が出るのが早くなります。ふくらはぎの脂肪吸引は、綺麗な形を作る事が目的であるため、大きなサイズダウンはしない方がいいです。

ダウンタイムの過ごし方

ダウンタイムで一番気になるのは痛みでしょう。
手術後2.3日は痛みが出る前に痛み止めを飲むと効果的です。
痛み止めは胃に負担がかかるので、何かお腹に入れてから飲むと胃の負担が減ります。
また、腫れやむくみも気になるところだと思います。
手術したクリニックでも指示があると思いますが、しっかり圧迫しましょう。
それによって腫れやむくみだけでなく、痛みの軽減にもなります。
脂肪吸引をする上でダウンタイムの理解は必要不可欠です。
しっかり知識を身につけることで脂肪吸引に対する不安も少なくなることでしょう。