1. HOME
  2. 部位別の脂肪吸引について

部位別の脂肪吸引の際の注意点

施術で部分的に細くすることができる脂肪吸引は、インターネットのサイトなどに載せられているクリニックによって、値段が違い、脂肪吸引による部位別の施術の際の治療方法も様々です。値段だけでクリニックを選ぶと、麻酔代や検査代などの諸費用が追加されることがあるので、クリニックを探す時に、口コミや体験談などに載せられている情報をみることで、そのクリニックの評判やどのようなクリニックなのかを知ることができ、トラブルを避けることが可能です。

顔に脂肪がついてしまうと、実際の年齢よりも老けて見られる要因になりますが、施術はカニューレと呼ばれている管を使用して、圧力を利用することで、脂肪を吸引していくので、頬やあご周りについた余分な脂肪を取ることが可能です。ただ、顔の脂肪吸引の施術後は腫れや内出血が起きる可能性がありますが、クリニックによっては、施術をする前に術後のケアについても説明してくれます。腫れは2日、3日程で治まり1、2週間で徐々に腫れを見えなくすることが可能です。

二の腕

女性で二の腕のたるみを気にする人は、少なくありませんが、二の腕は一度脂肪がついてしまうと運動などで落とすのが難しい部位なため、脂肪吸引は効果が期待できます。二の腕は脂肪が少ない部位ですので、施術による負担が少ないと言われています。施術はカニューレと呼ばれている管を脇の下やひじの後ろの目立たない場所に挿入して、圧力により吸引します。施術後は、デスクワークを翌日からすることが可能ですが、職業によっては仕事に差し支えることがあるので、施術後の予定も考慮しましょう。

お腹

お腹の脂肪吸引は、体型によって脂肪を取り除く箇所や量が変わり、クリニックや医師などによって施術の方法も変わりますが、脂肪を全部吸引したり、内臓脂肪を吸引はどのクリニックでも行われていないようです。お腹の脂肪吸引の施術は、カニューレの挿入位置が左右の脇腹、へその穴、ビキニライン、腰の後ろ、背中などありますが、美しさや傷の大きさが目立たない箇所はへその穴やビキニラインと言われています。施術の後に内出血や腫れが起こることがありますが、術後直後に専用のウエストニッパーやコルセットなどを一定期間装着することになり、手術前の状態に戻るには長くかかることもあるので、施術前に施術後の予定も考えたほうがいいでしょう。

太もも

太ももの脂肪吸引の施術は、カニューレと呼ばれる脂肪を吸引する管を挿入するのですが、挿入する場所は、吸入したい脂肪の位置により変わります。太ももの脂肪吸引は大量の脂肪を吸引する場合がほとんどですが、施術後に1、2週間の腫れや筋肉痛のような痛みが数日続くことがありますが、麻酔の効果で痛みも抑えることができ、施術後の翌日から3日後に仕事に復帰することが可能です。ただ、脂肪吸引後に起きる皮膚の変化によって、皮膚が硬くなったりした時は、マッサージによるケアをすることで、改善することが可能です。

ふくらはぎ

ふくらはぎの脂肪吸引の施術は、カニューレと呼ばれる管を膝の裏や足首周辺から挿入して、圧力により脂肪を吸引します。ふくらはぎの脂肪吸引の施術後は多少なり腫れや内出血が起こることがありますので、予防のために医療機関によって変わりますが、数日ほど固定してもらうことが可能です。また、施術後入院する必要がない時もありますが、シャワーを浴びるのは2日後に、入浴は4、5日様子を見てからしたほうが無難と言われています。